「訪問着」って一体何?はじめての訪問着をレンタルしてみよう!

結婚式、パーティ、七五三、卒業式、入学式など、色々なシーンにおいて着用する事ができるのが訪問着の大きな魅力ですよね。レンタルを有効活用して、自分にピッタリの訪問着を選んで、素敵に着飾りましょう。ここでは、そんな訪問着の基礎知識やレンタルに関する内容についてお届けします。

訪問着とは?

訪問着とは日本の正装の一つであり、昔は背中と両袖の3カ所に家紋が入っていましたが、今は家紋を入れない事が多くなっています。特徴としては、「絵羽」と言われる模様づけが挙げられます。これは、最初に生地を採寸通りに裁断して仮縫いし、着物として仕立てた時点でおかしくならないよう絵を描いた後、再びほどいて染色作業をするものです。柄づけは、帯の上にも下にも柄があり、その全てが縫い目をまたいで繋がっています。

訪問着の特徴

訪問着の特徴は、まるでひとつの絵のように美しく繋がっている絵羽模様です。柄には、鶴、亀、鳳凰(ほうおう)など、縁起の良い古典模様からモダンな洋花など多彩にあります。生地も以前は柔らかい物が一般的でしたが、最近では、日本各地の色々な素材を使って仕立てられています。着用シーンが幅広く、様々な素材や模様から自分に合ったものを見つけられる楽しみもあります。

色留袖との違いは?

上半身に模様がなく紋が入った色留袖は、格式の高さが訪問着より上になります。改まった席で着用できるのが色留袖になりますが、格式の高さから着用シーンが限られてしまいます。その点、訪問着は紋を付ける事でカジュアルな席でも着用できるよう、紋をあえて入れない事も少なくありません。

付け下げとの違いは?

訪問着と見た目がよく似た着物が付け下げです。訪問着との違いは、模様が縫い目にかからないよう分割されている点です。仕立ての時間や手間がかからないので、付け下げはやや下の格付けの着物です。現在では、訪問着に準ずる控えめな着物として着用される事もあります。

訪問着はどのようなシーンで着るもの?

訪問着は、結婚式、披露宴、パーティなど、参列者も華やかさを求められるシーンにぴったりの装いです。結婚式では、新郎新婦に近い親族の方であれば、留袖や振袖を選ぶ場合が多いと思いますが、友人や同僚などの結婚式に出席する際には、訪問着を着るのにうってつけです。基本的、紋の無い訪問着で問題はありませんが、会場の壇上に上がってスピーチや余興をする方、既婚者の方、その方々に関しては紋が有る訪問着を着るとよりフォーマル感が出てお勧めです。ただし、注意したいのが、地域によって風習が違う場合もあると言う事です。なので、華やかなシーンで着物を着用する際には、前以て友人や親戚などに服装について確認し、その上自分が着たい訪問着を選ぶのがお勧めです。
また、七五三などの子供行事にも訪問着は選ばれています。ただし、主役は子供になるので、大人はあまり派手で無い控えめな装いが好ましいです。春や秋に行事が多いので、季節を選ばない着物の柄を選んでおくと、着回しができるので便利お勧めです。他にも、お茶会などの場合には、派手な着物より品のある控えめな着物の方がベターとなっています。なので、ちょっとした会への参加や訪問へ行く際には、訪問着では格が高くなりすぎる場合もある事を考慮しましょう。

レンタル訪問着の良さとは?

着物レンタルと言うと、成人式の振袖や卒業式の袴などで、レンタルを利用した事がある方もいらっしゃるかもしれませんね。訪問着レンタルも同様、自分が主役の日、お呼ばれシーン、家族の特別な日のドレスアップなど、大人の女性らしく品良く自分自身を演出できます。
パーティーシーンに参加する為に訪問着が欲しいけれど、予算は数万円で抑えたいという場合、レンタルは大いに役立ちます。本来なら20万円以上で販売されている訪問着も、レンタルなら数万円で借りられます。

訪問着のレンタル価格の相場は?

ホテルや結婚式場などで着物レンタルする場合

結婚式やパーティなどが会場となる場合、大体がレンタルショップと提携しており、その際のレンタル料金の相場は、約2万円からが一般的となっています。着物の支度や返却が会場で可能なので、移動時間の短縮や荷物の運搬が楽ちんな点がメリットです。

ネットで着物レンタルする場合

ネットで着物レンタルする場合、着物一式を借りると約1万円~3万円程度が平均的なレンタル相場になります。中には、10万円前後もするような高級ブランド訪問着もありますが、それでも購入するよりも価格はリーズナブルでお得です。場所や時間に関係なく、色々じっくり確認できるメリットがあります。

着付けにかかる費用も確認!

レンタル訪問着の着付けは、会場となるホテル、または、美容室などで依頼する事ができます。着付け費用の相場は、ホテルでは約7000~12000円程度、美容室では約5000~7000円程度となっています。同時にヘアセットやメイクなどを依頼すること、トータル価格は上がります。また、着付けをしてもらう際には、料金の他にも訪問着を着た後の移動も考慮しておくのもポイントです。

サービス内容を確認して選ぶ!

セット内容がどうなっているか

訪問着レンタルでは、着付けに必要な物がフルセット用意されています。何がセットに含まれるか事前確認し、足りない物を把握しておく事が大切です。特に、着物と合わせて使用する小物類は忘れがちなので気を付けましょう。

レンタル期間がどうなっているか

特にネットレンタルの場合になりますが、レンタル期間は日程に余裕があると安心です。着物の着付けやコーディネートの確認をはじめ、内容不備があった際の対応もできるよう、当日の3日前程には自分の手元に着物が届くように手配するのがお勧めです。

クリーニングはどうなっているか

訪問着レンタルでは、自分でクリーニング不要のサービスが付いているかも確認しておくのがお勧めです。訪問着で出かけた際に、例えば、悪天候で泥がはねて着物に汚れが付いたり、食事中にシミが付いて汚してしまったりする場合もあります。レンタルでは、訪問着の丸洗いやシミ抜きなどを行ってくれるので、神経質にならずに着用する事ができます。また、クリーニングサービスの他にも、無料?有料?などの金額に関しても確認しておきましょう。場合によりますが、無料付帯でも汚れの程度で別途料金が発生する事もあります。

料金設定をチェックして選ぶ!

訪問着をレンタルする際には、レンタル料をはじめ他に発生する料金に関しても、前以て確認しておくと安心です。
まず一つ目は、送料はどうなっているか見てみましょう。例えば、ネットレンタルでは、全国往復送料無料のショップが多いですが、大体、「○○円以上の利用で無料」などの条件が付いています。なので、レンタルする訪問着の金額によっては、送料がかかる場合があります。送料無料はいくら~なのか確認し、上手く利用していきましょう。
次に二つ目は、キャンセル料はどうなっているかです。「何日前から」「どの程度のキャンセル料がかかるのか」などを把握しておく事は大切です。
そして三つ目は、レンタル期間の延長料金についてです。訪問着のレンタル期間を延長する場合、一般的に別で追加料金が発生します。なので、いつ着物が自分の手元に届いて、いつ着物を返却するのか、その事についてしっかり確認しておきましょう。

まとめ

着物の中でも色々な場シーンで使用できる訪問着は、自分だけの着物を仕立てるのも良い事です。しかし、いきなり購入をするのはハードルが高い方もいますよね。そんな時には、先ずはレンタルをして見てはいかがでしょうか。また、お子様の行事をスーツで済ます方もおられますが、手軽で安価な訪問着をレンタルして、色鮮やかな着物で華を添えてみるのも素敵ですよ。